タイトルイメージ 本文へジャンプ

乳がんについて
 乳がんは、罹患者数・死亡者数共に増加しています。乳がんの診断・治療に新技術の投入が次々となされてきましたが、発生数の増加に引っ張られて死亡者数も増えているのが現状です。
乳がん発生数の増加は、食生活の欧米化や少子化・高齢出産等のライフスタイルの変化等により、卵巣の働いている期間が長くなり、乳腺が女性ホルモンに長くさらされるようになったためと考えられます。
治療は、大きさや拡がりによって手術や化学療法や放射線治療を組み合わせて行います。
早期のがんであれば乳房を温存できる可能性が高く、また腋窩(えきか)リンパ節郭清(摘出)を省略できる事もあります。
早期発見、早期治療が乳がん死を減らすことにつながります。


 参考(乳がんについて) 国立がん研究センターがん対策情報センター
がん情報サービス
                
外科医長 川上定男  
日本乳癌学会乳腺専門医

乳がん検診の検査方法

X線乳房撮影(マンモグラフィ)
特殊なX線装置を用いて乳房のレントゲン写真を撮ることで異常を見つける検査
視触診
医師が問診をし、乳房を見ながら触ることで、乳がんが形成するしこりを見つける検査
超音波検査(エコー)
乳房に超音波をあて、画像化することで異常を見つける検査


乳がん検診を受けましょう

 乳がんは40代・50代の家庭でも職場でも一番頼りにされる年代に発症することが多い疾患です。御家族の悲しみや社会的な損失を減らすため、そしてあなた自身のために乳がん検診を受けましょう。各市町村で検診を受けることができます。

 福知山市の乳がん検診について 福知山医師会 健康診断


 がん検診受診者Aさん(50才女性)

 2年に1回、市のマンモグラフィと視触診を必ず受けています。
結果をみていつもほっと安心しています。圧迫の痛みはほんの少しの間の痛みです。安心のためならそんなに苦痛じゃないです。周りの人には受けることを勧めています。家族のためにいつも元気で長生きしなければ!!