平成28年度 市立福知山市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 487 208 147 217 416 549 1315 1672 1694 410
〈定義〉
・集計期間に退院した患者さまの年齢階級別(10歳刻み)患者数です。
・年齢は、入院した時点の年齢です。

〈解説〉
当院は地域に根差した病院として幅広い年齢層の患者さまにご利用いただいておりますが、年齢層で見ますと80歳代が一番多く全体の約23%を占めています。60歳以上の患者の割合が全体の7割を超え、地域社会の高齢化を反映しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 106 16.31 12.43 5.92% 77.57
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2:なし 副傷病なし 99 22.80 21.25 3.45% 84.19
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 処置1:なし 処置2:2あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 43 24.02 16.73 4.26% 74.74
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2:なし 副傷病なし A-DROP スコア1 38 11.82 13.60 0.00% 84.32
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1:なし 処置2:なし 副傷病なし 34 19.09 17.95 0.75% 83.53
〈定義:各科共通〉
・症例数の多いDPC14桁分類(DPCコード)について、各診療科別に集計しています。
・DPC14桁分類に対する症例数、平均在院日数(自院・全国)、転院率、平均年齢を各診療科別に5位まで集計しています。

〈解説〉
感染症疾患や肺炎などが多くなっていますが、専門内科疾患以外もしくは複数臓器にまたがる疾患などを総合的に担当しています。各専門内科の意見を調整したり、必要な手技を依頼したりしながら、主体的に診療にあたっています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:なし 処置2:4あり 副傷病なし 15 12.33 12.35 0.00% 66.07
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 処置2:5あり 14 22.21 25.11 0.00% 72.86
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2:4あり 副傷病なし 13 62.92 16.83 5.26% 69.77
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 処置2:4あり 副傷病なし - - 21.92 - -
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 処置2:4あり 副傷病なし - - 34.90 - -
〈解説〉
肺の悪性腫瘍については、内科から血液内科に変更となった医師が、引き続き化学療法を行った患者数になります。多発性骨髄腫や非ホジキンリンパ腫などが多く、がん薬物療法(殺細胞性抗がん剤・分子標的薬剤)、自家造血幹細胞移植療法、放射線療法、緩和支持療法による治療を行っています。また、非ホジキンリンパ腫については、使用する薬剤などによりDPC包括算定から出来高算定となる場合があります。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 処置2:なし 副傷病なし 13 8.85 8.87 0.00% 69.15
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1:なし 処置2:1あり 副傷病なし - - 14.77 - -
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 処置2:なし - - 22.67 - -
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1:なし 処置2:なし 副傷病なし - - 12.84 - -
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:あり 処置2:なし - - 3.68 - -
〈解説〉
慢性腎不全が多くなっていますが、ほかにも腎炎、ネフローゼ症候群や糖尿病性腎症などもみています。早い時期に腎疾患を発見し、診断・治療、血液浄化療法などに介入していくことができればと考えています。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:あり 処置2:なし 39 5.21 3.68 0.00% 72.92
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:なし 処置2:なし 副傷病なし 27 15.19 14.83 6.06% 74.93
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:なし 処置2:4あり 副傷病なし 20 10.80 12.35 0.00% 71.95
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:なし 処置2:9あり 15 15.67 10.76 0.00% 68.27
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2:なし - - 19.92 - -
〈解説〉
抗がん剤治療(がん薬物療法)は手術や放射線治療と並んで、がん治療の中で大きな役割を担っています。近年、がん薬物療法の進歩は目覚ましく、従来の抗がん剤に加えて様々な分子標的薬なども登場しており、薬剤選択や副作用の管理など、適切ながん薬物療法の施行において高い専門性が必要となっています。今後は、各診療科での個別治療に加えて診療科を越えた密度の高いがん診療が期待され、がん薬物療法を専門とする腫瘍内科医の役割は大きくなっています。腫瘍内科では各診療科と連携してがんの内科的治療を行っています。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2:なし 副傷病なし 59 13.29 11.06 4.76% 75.37
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 処置2:なし 37 9.73 9.02 0.00% 69.14
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 処置2:なし 36 7.44 9.19 0.00% 69.89
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 34 6.29 7.89 0.00% 61.50
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 処置2:なし 25 8.44 11.74 3.85% 74.40
〈解説〉
当院では消化管領域・肝胆膵領域のほとんどの検査と治療が可能です。入院で扱う疾患としては、胆管結石や虚血性腸炎、憩室炎などの良性疾患、胃や肝・胆管の悪性疾患が多くみられます。内視鏡検査・治療、化学療法・薬物療法など治療・検査の進歩に合わせて内容の充実を図っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置1:なし、1,2あり 処置2:なし 副傷病なし 268 5.47 4.71 0.37% 72.25
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:1あり 処置2:なし 副傷病なし 162 3.30 3.06 1.23% 70.22
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1:なし 処置2:なし 副傷病なし 95 16.26 17.95 0.75% 83.35
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 処置1:なし、1あり 処置2:なし 副傷病なし 41 6.27 5.85 0.00% 76.83
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:2あり 処置2:なし 副傷病なし 31 3.39 3.22 0.00% 71.84
〈解説〉
狭心症の治療が最も多く、心臓カテーテルによる手術・検査が大部分を占めています。緊急性の高い急性心筋梗塞, 不安定狭心症, 重症虚血肢, 急性動脈閉塞症, 急性肺塞栓症などにおいては積極的にカテーテル診断・治療を行い、不整脈疾患に関してはペースメーカー治療を行っています。その他の多岐にわたる循環器疾患に対しても可能な限り積極的に治療に取り組んでいます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 56 5.93 6.02 0.00% 0.82
040100xxxxx00x 喘息 処置2:なし 副傷病なし 37 5.54 6.42 0.00% 2.97
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 処置2:なし 副傷病なし 34 5.79 5.79 0.00% 3.15
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 処置2:なし 副傷病なし 29 5.90 6.18 0.00% 0.00
030270xxxxxxxx 上気道炎 29 3.97 4.83 0.00% 0.79
〈解説〉
小児におけるcommon diseaseである気管支炎、喘息、肺炎などの入院が多く、5日から6日の入院となっています。新生児から中学生まで、疾患によってはそれ以上の年齢層までの診断・治療・管理をしています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 処置1:なし 処置2:なし 副傷病なし 29 14.66 15.92 0.00% 74.41
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 24 6.42 6.82 0.00% 58.29
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 処置2:なし 21 11.52 12.73 0.00% 71.43
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 処置2:なし 18 18.89 17.65 0.00% 69.17
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 15 5.33 5.60 0.00% 35.27
〈解説〉
結腸の悪性腫瘍や胆石、次いで肺や胃の悪性腫瘍など手術を伴うものが多くなっています。良性・悪性の外科疾患に対しての鏡視下手術の導入等により術後の疼痛軽減・活動性の向上・術後在院日数の短縮をはかっております。また高度進行癌に対しては化学療法や放射線治療を組み合わせた集学的治療を行っています。
※ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)は短期滞在手術基本料3のため除外しております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 87 45.38 27.63 20.62% 82.74
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 69 15.20 11.91 0.00% 29.13
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 50 29.98 20.87 0.00% 63.12
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 38 53.55 26.26 0.00% 76.87
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 手術あり 29 9.34 14.38 0.00% 44.31
〈解説〉
股関節大腿近位骨折が最も多く、平均年齢が82.7歳と非常に高齢なため、回復期リハビリ病棟への転棟も含め在院日数が全国平均よりも長くなっています。また、四肢や脊椎の外傷による手術ではスポーツに伴うものも多く、幅広い年齢層に対して手術やリハビリテーションを行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 処置2:なし 副傷病なし 24 8.92 11.83 0.00% 77.00
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 処置2:なし 副傷病なし 19 10.11 9.87 0.00% 72.84
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2:なし 副傷病なし 13 7.08 7.52 4.55% 62.08
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 処置2:なし 副傷病なし - - 10.24 - -
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 処置1:あり 処置2:なし - - 3.20 - -
〈解説〉
外傷によらない硬膜下血腫に次いで、頭蓋・頭蓋内損傷に対する入院が多くなっています。主として頭部外傷、脳血管障害をはじめとした急性期医療を積極的に行っています。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 10 6.20 5.60 0.00% 11.70
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし - - 6.91 - -
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり - - 3.29 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2:なし 副傷病なし - - 7.52 - -
11022xxx04xx0x 男性生殖器疾患 包茎手術 副傷病なし - - 3.63 - -
〈解説〉
うまれたての赤ちゃんから思春期までの小児において、手術を要する病気を主に扱っており、外科医・小児科医・産婦人科医などと連携をとりながら治療を進めています。また、虫垂炎に関しては、炎症の程度によって保存的加療も行っています。ほかにも外傷に対する小児の全身管理も行っています。
※ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)は短期滞在手術基本料3のため除外しております。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 64 8.73 6.29 0.00% 47.98
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 処置2:なし 25 22.08 20.79 8.00% 31.28
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 19 6.95 6.42 0.00% 47.74
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病なし 17 7.76 7.92 0.00% 41.88
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 11 2.82 3.08 0.00% 40.73
〈解説〉
子宮や卵巣の良性腫瘍に対する腹腔鏡下手術などの患者さまが多くなっています。また、当院では年間約500人出産されますが、切迫早産の管理も多く、周産期医療センター等と連携し、安心して出産していただけるよう努めています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 処置1:あり 処置2:なし 39 5.51 7.72 0.00% 70.72
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 25 12.84 9.15 0.00% 75.92
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 24 12.58 10.53 0.00% 60.58
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 23 6.30 7.01 0.00% 65.74
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 処置1:なし 処置2:なし - - 7.70 - -
〈解説〉
ほとんどの入院が手術目的となります。高齢の方、糖尿病や心臓の病気がある方、認知症の方でも、内科や麻酔科と協力して安全に手術を行っています。
※水晶体再建術は短期滞在手術基本料3のため除外しております。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 43 7.93 8.12 0.00% 19.79
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 32 6.75 7.47 0.00% 57.81
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 12 4.58 3.32 0.00% 6.33
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 - - 9.36 - -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.50 - -
〈解説〉
扁桃炎に対する治療が最も多く、次いで慢性副鼻腔炎が多くなっています。扁桃炎に対する治療では、平均年齢が19.7歳と若い患者さまが大部分を占めています。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2:なし 17 7.24 8.78 0.00% 79.18
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 11 11.82 11.97 0.00% 68.45
080006xx97x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) その他の手術あり 処置2:なし - - 10.60 - -
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 処置2:あり - - 49.25 - -
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 処置1:なし - - 18.22 - -
〈解説〉
外用療法をはじめとして紫外線療法、手術療法など幅広い医療を展開しています。また必要に応じて他科医師と連携をとりあい、総合病院のメリットを最大限に利用し疾患に対処します。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1:なし 処置2:なし 33 5.91 7.44 0.00% 74.67
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 処置1:なし 副傷病なし 27 5.59 5.83 0.00% 61.07
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 27 11.15 12.43 0.66% 73.78
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1:なし 処置2:2あり 副傷病なし 16 5.50 7.85 0.00% 73.00
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 処置2:2あり 副傷病なし 13 11.15 11.72 0.00% 72.46
〈解説〉
泌尿器悪性疾患(膀胱癌・前立腺癌・腎癌・腎盂尿管癌・精巣癌など)に対する外科的治療を中心に、尿路結石や排尿障害に対する外科的治療や尿路感染症に対する内科的治療、さらに血液透析や腹膜透析といった腎不全の治療も担当しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 41 8 17 37 0 9 1 7
大腸癌 35 19 31 38 2 9 1 7
乳癌 7 10 7 4 2 3 1 7
肺癌 22 1 36 81 5 19 1 7
肝癌 10 9 6 2 0 24 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
〈定義〉
5大癌と呼ばれる、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さまの人数を初発のUICC病期(ステージ)分類別、および再発に分けて集計しています。
・初発例としてカウントした患者さまは再発例にはカウントしていません。
・患者数は延患者数としています。
⇒一連の治療期間に入退院を繰り返すなどを行った場合は、同一患者さまに入退院を繰り返した回数分をかけた延数とします。

〈解説〉
肺癌の患者数が一番多く、全体の約33%を占めています。次いで大腸癌となり全体の約27%を占めています。
また、肺癌の中ではStageWが最も多く、肺癌の約49%を占めています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 20 10.80 54.85
中等症 96 15.21 81.02
重症 17 17.00 86.18
超重症 15 16.13 78.60
不明 - - -
〈定義〉
・普段の生活の中で罹患した肺炎の患者さまについて、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
・重症度分類は市中肺炎CAP(community acquired pneumonia) のガイドラインによる重症度分類システムA-DROPスコアを使用しています。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。

〈解説〉
当院では軽症から超重症の患者さままで幅広く診療を行っており、その特徴は年齢が高くなるほど重症度が高くなり、平均在院日数も長くなる傾向にあります。また、患者数で見ますと中等症が最も多く、全体の60%以上を占めています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 7 6.14 73.00 0.00%
その他 6 12.33 74.50 16.67%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 118 37.94 77.72 8.47%
その他 38 26.42 77.58 0.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
〈定義〉
・脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
・最も医療資源を投入した傷病のICD10(G45$,G46$,I63$,I65$,I66$,I675,I679)別に集計しています。
・転院率は「転院患者数/全退院患者数」とします。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。

〈解説〉
I63$ 脳梗塞が最も多く、大半を占めています。その殆どが発症から3日以内に治療を受けています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 15 2.33 18.80 0.00% 68.67
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
〈定義:各科共通〉
・診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
・輸血関連(K920$)は除外しています。
・創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術などの軽微な手術は除外しています。
・転院率は「転院患者数/全退院患者数」とします。
・Kコードとは手術術式の診療報酬点数表コードです。

〈解説〉
腎臓内科では、慢性腎不全によるシャントの設置や、狭窄、閉塞による拡張・除去術が大半を占めています。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 74 1.18 1.18 0.00% 67.34
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 58 3.12 13.03 4.84% 74.69
K6532 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 44 1.91 7.20 0.00% 69.91
K654 内視鏡的消化管止血術 37 2.00 11.89 0.00% 70.38
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 27 1.41 4.56 0.00% 71.30
〈解説〉
消化器内科では、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が最も多く、次いで内視鏡的胆道ステント留置術、内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術を含む)など、内視鏡的手術を多く行っています。内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術については外来での日帰り治療も行っており、出血リスクの高い患者さまを中心に入院で治療しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 273 2.00 3.96 0.36% 72.74
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 51 1.61 5.76 0.00% 77.22
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 30 0.00 17.17 6.45% 70.63
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 21 0.19 9.43 0.00% 72.00
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 21 3.10 11.38 0.00% 79.71
〈解説〉
循環器内科では、カテーテル治療の中で、経皮的冠動脈ステント留置術などの心臓に対するものが全体の約87%、四肢の血管拡張術・血栓除去術などの四肢に対するものが13%となっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 47 1.00 3.11 2.08% 64.55
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 41 1.63 5.37 2.04% 61.95
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 32 2.84 11.84 0.00% 70.22
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 23 1.22 3.04 0.00% 66.74
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 17 1.00 9.76 0.00% 71.47
〈解説〉
外科では、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術や腹腔鏡下胆嚢摘出術、腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術を多く行っており、腹腔鏡下での手術が多くなっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 75 4.68 50.40 13.08% 83.00
K0811 人工骨頭挿入術(股) 43 5.30 42.70 26.53% 82.60
K0821 人工関節置換術(膝) 43 1.19 51.19 0.00% 77.00
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単なもの) 34 1.79 24.88 0.00% 64.41
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術(膝) 28 1.07 7.00 0.00% 43.54
〈解説〉
整形外科では、高齢者の大腿骨近位部骨折など、下半身の手術が多く、術後のリハビリ治療につながるよう努めています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭による) 35 0.89 7.63 0.00% 77.34
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K178-2 経皮的脳血管形成術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
〈解説〉
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫洗浄・除去術が最も多く、全体の30%を占めています。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 32 1.06 0.09 0.00% 3.22
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
K836 停留精巣固定術 - - - - -
K8281 包茎手術(背面切開術) - - - - -
K6333 ヘルニア手術(臍ヘルニア) - - - - -
〈解説〉
小児外科では、鼠径ヘルニア・臍ヘルニアなどのヘルニア手術が最も多く、次いで腹腔鏡下虫垂切除術、停留精巣固定術となっています。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 57 1.18 7.21 0.00% 51.00
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 35 1.11 5.11 0.00% 43.97
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 14 1.21 6.36 0.00% 38.57
K867 子宮頸部(腟部)切除術 12 1.00 1.17 0.00% 39.83
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 10 0.90 1.00 0.00% 40.20
〈解説〉
産婦人科では、腹腔鏡下腟式子宮全摘術や子宮付属器腫瘍摘出術など、腹腔鏡・子宮鏡による手術が多く行われています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 353 0.04 1.15 0.00% 76.26
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 96 0.33 5.72 0.00% 68.66
K2683 緑内障手術(濾過手術) 20 0.40 13.60 0.00% 77.20
K2682 緑内障手術(流出路再建術) - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) - - - - -
〈解説〉
眼科では、白内障に対する手術である水晶体再建術が大半を占めています。ほかには網膜剥離などによる硝子体茎顕微鏡下離断術や緑内障手術などがあります。また、白内障や小手術では日帰り手術も可能です。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 38 2.03 5.71 0.00% 22.42
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 26 1.85 3.92 0.00% 57.27
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 12 2.58 1.00 0.00% 6.33
K319 鼓室形成手術 10 1.10 6.30 0.00% 43.00
K347-5 内視鏡下鼻腔手術T型(下鼻甲介手術) - - - - -
〈解説〉
耳鼻いんこう科では、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術が最も多く、次いで慢性副鼻腔炎などに対する内視鏡手術や、慢性中耳炎などに対する鼓室形成術を行っています。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 16 0.19 6.13 0.00% 79.56
K013-21 全層植皮術(25塩「満) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K0134 分層植皮術(200沿ネ上) - - - - -
K0132 分層植皮術(25沿ネ上100塩「満) - - - - -
〈解説〉
皮膚科では、皮膚悪性腫瘍切除術が最も多く、ほかにも熱傷や外傷による植皮術も行っています。
※患者数が10未満の場合は、「−」表示となっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 47 1.04 3.66 0.00% 73.45
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 17 1.59 3.41 0.00% 58.00
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 16 0.00 1.00 0.00% 52.00
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 13 2.92 11.38 0.00% 68.85
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 11 2.64 7.64 0.00% 68.64
〈解説〉
泌尿器科では、膀胱悪性腫瘍手術が最も多く、次いでレーザーを用いた経尿道的尿路結石除去術や体外衝撃波による結石破砕術を多く行っています。また、腎癌や腎盂尿管癌に対する治療としては低侵襲的治療、すなわち、身体への悪影響を最小限に止める(傷が小さい、痛みが少ない、手術時間・入院期間の短縮に寄与する)治療として腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 12 0.17%
180010 敗血症 同一 13 0.18%
異なる 20 0.28%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 33 0.46%
異なる 16 0.22%
〈定義〉
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、敗血症、播種性血管内凝固、手術・術後の合併症、その他の真菌症について、入院契機病名の同一性の有無を区別して患者数と発生率を示しています。

〈解説〉
当院ではDPC病名をDICや真菌感染症を選択している症例はほとんどありません。敗血症については、さまざまな感染症などから血液に病原菌が入ったことによるもの。手術、処置後の合併症については、人工透析をするための人工血管の狭窄や閉塞等があります。
更新履歴
2017/9/28
平成28年度病院指標(DPC指標)を掲載しました。