診療部栄養科   本文へジャンプ

栄養科紹介
 当診療部栄養科は、病院管理栄養士と委託業者約30名で栄養管理に関する様々な業務を行っています。
 施設基準は入院時食事療養(T)を取得しています。
部門理念 : 安心と美味しさをモットーに健康回復をサポートする栄養科
  衛生管理が徹底された安全な食事提供。
調理技術の向上に研磨した美味しい食事提供。
症状に応じたきめ細かい食事提供を目指す。

 

部門基本方針 : 適時・適温・適切な食事提供と快適性を育む心配りのあるサービス
  適切な時間・適切な温度での提供。
食事量の加減、嚥下困難などの状態に合わせた個人対応。
選択メニュー、ゆとりのある広さでの喫食等のサービスと心のこもった食事提供に努める。
     

業務内容
  ※ 詳しくはクリックしてください。
 @ 食事提供 クックチルシステム 、 選択メニュー 、 産科祝い膳
 A 栄養管理 栄養管理実施計画書
 B 栄養指導 栄養指導
 C チーム医療 NST 、 糖尿病チーム 、 心臓リハビリテーション 、 CKD(慢性腎臓病チーム)
 D その他の活動 NST勉強会 、 市連携腎臓病調理講習会 、 資格学会登録・参加など
 
@ 食事提供
a) 入院患者様に対し医師の食事箋に基づき適切な食事提供を行っています。
一般食(常食・分娩食など)と特別食(糖尿病食・減塩食など)があります。 
b) クックチルシステム
加熱調理した食品を短時間に急速冷却保存することでより安全な衛生管理が行えます。また食前に再加熱するので適温で召し上がっていただけます。
クックチルシステム
クックチルシステム
  3℃以下の食品を配膳し、トレー上でIHによる再加熱を行いご提供します。
c) 選択メニュー
対象は常食・分娩食・貧血食・化学療法食を召し上がっている患者様で、実施は木、金曜日の朝食となっています。
各週の月曜日の昼食時に対象となる方に申込用紙を配布し、選んでいただきます。これによる特別な料金は発生しません。
d) 地産地消
  食の安心・安全・おいしさの追求などの点から地元福知山産や京都府産の食材の利用促進に取り組んでいます。
     
 

祝い膳メニュー
クリックすると拡大します
産科祝い膳
  病院からのささやかなお祝いの気持ちを込めて・・・・
出産後2日目の夕食にご用意しています。
大変ご好評をいただいております。
A 栄養管理
栄養状態の評価が必要な患者様に栄養管理計画書を作成しています。
必要に応じて、栄養補給法・摂食機能面からの食形態等を検討し、適正な食事を提供しています。
 
B 栄養指導
当院受診の入院・外来患者様に対し医師の指示に基づき食事療養の必要性の理解、実践の支援などを行っています。
時間 : 平日8:30〜17:00
 
C チーム医療
医師、看護師、コ・メディカル、事務職など多職種で低栄養や病態の改善、援助に取り組んでいます。
NST(栄養支援チーム)、糖尿病チーム、心臓リハビリテーション、CKD(慢性腎臓病チーム)
NST回診(栄養状態の確認中):NSTサポート加算取得
  医師、看護師長、看護師、薬剤師、検査技師、管理栄養士(NST専従)、ケースワーカーなどで患者様の栄養状態の改善を目的に評価、検討を行っています。
毎週月・金曜日 13:30〜
糖尿病教室(糖尿病の食事療法)
  入院・外来どなたでも当日、予約なしで参加できます。
毎月 第2木曜日 14:00〜15:00
 
D その他の活動
院内・院外活動 : 市連携腎臓病調理講習会、NST勉強会など
  資   格:  林田 郁代 : NST専門療法士、病態栄養認定管理栄養士、糖尿病療養指導士
大内 美保子 : 糖尿病療養指導士、病態栄養認定管理栄養士
森垣 知美 : NST専門療法士 
学 会 登 録 : 日本栄養士会、日本静脈経腸栄養学会、日本病態栄養学会の会員となり自己啓発に取り組んでいます。
NST勉強会:身体計測実測中
NST勉強会(身体計測実測中)
  定期的に院内勉強会を実施し、栄養の啓蒙活動を行っています。
毎月 第3月曜日
市連携腎臓病調理講習会(三色丼・キャベツのカレー炒め、すまし汁調理中)
調理をとおし、透析食のポイントの指導や日頃家庭での調理について交流を図っています。
当院 年1回担当