外科紹介 トップページへ

*知りたい内容をクリックしてください。

特色診療内容治療成績今後の方針学会学術活動週間診療予定表担当医師
National Clinical Database(NCD)の手術・治療情報データベース事業への参加について
(平成23年1月より)


特色
 近年の外科治療は、手術による根治性を維持しつつ低侵襲化を目指す方向に大きく変貌しつつあります。当院においても悪性・良性の外科疾患に対しての鏡視下手術の導入等により術後の疼痛軽減・活動性の向上・術後在院日数の短縮をはかっております。また高度進行癌に対しては積極的な拡大手術を行うとともに化学療法や放射線治療を組み合わせた集学的治療を行っています。また当地域における救急診療にも積極的に取り組んでおります。

診療内容
 現在6人のスタッフで年間約400件の手術を実施しており、平成27年の主な手術内訳は、 胃癌手術 38(15)例、 大腸癌手術 68(47)例、 乳癌手術 35例、 肝臓癌手術 10例、 胆道癌手術 1例、 膵臓癌手術 2例、胆石症手術 49(43)例、 消化管穿孔手術 14例、 腸閉塞手術 12例、鼠径ヘルニア手術 64(25)例、 大腿ヘルニア手術 2例、 虫垂切除術 38(17)例などでした。
 ※ ( )内は鏡視下手術
 当院における主な悪性疾患の治療成績は以下のとおりでした。
○胃癌5年生存率:StageT98%、StageU71%、StageV45%、StageW11%
○大腸癌5年生存率:StageT97%、StageU82%、StageV71%、StageVb44%、StageW10%
○乳癌10年生存率:StageT97%、StageU74%、StageV44%、StageW(症例数不足にて算定不能)

治療成績

今後の方針
 良性・悪性の外科疾患の治療成績の更なる向上をはかりつつ低侵襲治療を積極的に進めてゆきたいと考えています。

学会学術活動
日本外科学会・日本消化器外科学会・日本臨床外科学会・日本乳癌学会・日本胃癌学会・日本食道学会・日本癌治療学会・日本癌学会・日本肝胆膵外科学会・日本内視鏡外科学会

担当医師
カワカミ サダオ
川上 定男
(副診療部長・外科医長・
緩和ケアセンター長)
最終学歴 京都府立医科大学  医学部 昭和57年卒業
学位 医学博士
専門分野 消化器・乳腺疾患の外科治療
専門医・認定医 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
日本乳癌学会乳腺専門医
癌治療認定医機構暫定教育医
緩和医療学会暫定指導医
京都府立医科大学臨床教授
診療についてモットー 『痛み』の分かる診療
 サイ ソウジン
崔 聡仁
(外科医長)
最終学歴 福井大学医学部 平成11年卒業
京都府立医科大学大学院 平成21年卒業
学位 医学博士
専門分野 消化器外科
専門医・認定医 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
診療についてモットー 丁寧に分かりやすく
コミヤマ ソウスケ
小見山 聡介
(外科医師)
最終学歴 愛媛大学医学部 平成14年卒業
専門分野 消化器外科・一般外科
専門医・認定医 日本外科学会専門医
診療についてモットー 患者さんとのコミュニケーション、信頼関係を大切にし、それぞれの患者さんにとって最良の医療を提供させていただきます。
ナカシマ シンゴ
中島 慎吾
(外科医師)
最終学歴
京都府立医科大学 医学部 平成17年卒
大学院 平成27年修了
学位 医学博士
専門分野 消化器外科
専門医・認定医 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会認定消化器がん外科治療認定医
診療についてモットー 患者さんにとって最適な医療を行います。
イズミヤ ヤスヒト
泉谷 康仁
(外科医師)
最終学歴 京都府立医科大学 平成19年卒業
専門分野 消化器外科
診療についてモットー 患者さんに分かりやすく説明し、納得いただける治療を行いたいと思います。
ヒカミ ショウイチロウ
樋上 翔一郎
(外科医師)
最終学歴  
専門分野 消化器外科
専門医・認定医 日本外科学会専門医
診療についてモットー 患者さんの希望に基づきながら最善の医療を行うこと。


招聘医師
     岡 克彦(オカ カツヒコ)  心臓血管外科
 

このページの先頭へ