循環器内科紹介 トップページへ
*知りたい内容をクリックしてください。
特色診療内容治療成績今後の方針学会学術活動週間診療予定表担当医師
 

特色
 循環器科は緊急性を要する疾患を数多く扱っており、きわめて多忙な科でありますが、市民の皆様に最高水準の医療を提供すべくスタッフ一同、日夜努力しております。

診療内容
 現在4名の医師で診療に従事しております。当科の扱う疾患は虚血性心疾患、弁膜症、高血圧症、不整脈、心筋疾患、心不全、肺塞栓症、先天性心疾患、大動脈疾患、静脈疾患など多岐にわたりますが、特に救急に関して急性心筋梗塞、不安定狭心症といった急性冠症候群に対してオンコール体制を敷き、24時間対応で可能な限り緊急心臓カテーテル検査および経皮的冠動脈インターベンション(PCI:ステント留置術などのカテーテル治療)を実施しております。
 当院の診療実績は別表に示す通りです。当院は日本循環器学会指定、循環器研修施設に認定されています。PCIではほぼ全例に可能な限り最新鋭の血管内超音波(IVUS)を使用し、血管内腔を正確に評価した上で適正径のステントを留置し、ステント内再狭搾や合併症の低減に努めています。また症例に応じて冠血流予備量比(FFR)を測定し、虚血の重症度に応じた適正なPCIを実施しています。
また当院は2009年4月より京都府北部の医療機関で最も早く包括的心臓リハビリテーションを導入しています。これは心筋梗塞、狭心症、心不全、閉塞性動脈硬化症等の患者様にカテーテル治療、薬物療法だけでなく、運動療法、栄養指導、禁煙指導、生活習慣指導等を実施するものです。心臓に負担とならない運動強度を評価するための心肺運動負荷試験(CPX)を実施し、適切な運動指導を実施しています。心筋梗塞による緊急カテーテル治療後の離床訓練から開始し、運動療法により臥床安静にて衰えた筋力運動能力を回復させ、後遺症なく社会復帰して頂くことに貢献しています。包括的心臓リハビリテーションは心疾患の根本である動脈硬化、全身の機能低下に対する治療であり、これからの心疾患治療の大きな柱であると考えており、更なる充実をはかっています。

※ 循環器内科診療実績
  2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
経皮的冠動脈形成術 143 133 145 244
経皮的末梢血管形成術 60 41 30 59
ペースメーカー移植術 29 30 29 37







治療成績

今後の方針
 診療の中心は@心臓カテーテル検査、Aカテーテル治療(PCI,EVT)、Bペースメーカー等不整脈治療、C包括的心臓リハビリテーションであります。いずれの分野も日進月歩、着実に進歩してきております。当院では現状に甘んずることなく、最新の最高水準の医療を安全に市民の皆様に提供できるよう努力して参ります。

学会学術活動
日本循環器学会、日本内科学会、日本心電学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本心臓リハビリテーション学会、日本心臓病学会

担当医師
サカモト タカシ
阪本 貴
(循環器内科医長
兼地域医療連携室長)
最終学歴 京都府立医科大学 平成8年卒業
専門分野 循環器一般、不整脈
専門医・認定医 日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会認定医
カンバヤシダイスケ
上林 大輔
(循環器内科医長)
最終学歴 京都府立医科大学 平成9年卒業
専門分野 循環器一般、心血管疾患のカテーテル治療
専門医・認定医 日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会認定医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本心臓リハビリテーション学会認定心臓リハビリテーション指導士
ヒコサカ タカトウ
彦坂 高徹
(循環器内科副医長) 
最終学歴   滋賀医科大学医学部 平成9年卒業
専門分野 循環器一般
専門医・認定医 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
診療についてモットー 優しく丁寧な医療を目指します。
オオクラ タカシ
大倉 孝史
(循環器内科医師) 
最終学歴   福井大学医学部 平成26年卒業
専門分野 循環器内科
診療についてモットー 丁寧で分かりやすい診療をめざします
ナカムラ シュンスケ
中村 俊祐
(循環器内科医師) 
最終学歴   奈良県立医科大学 平成27年卒業
専門分野 循環器内科
診療についてモットー 患者さん中心の医療を心掛けています。
 

このページの先頭へ