臨床検査科 トップページへ

本文へジャンプ


 

臨床検査科とは
尿、血液等の体液や臓器などを扱う検体検査と直接患者様に接する生理機能検査とに大別されます。
臨床検査は皆さまの病気診断・治療・早期発見・予防になくてはならない手段のひとつとしてチーム医療の一端を担っています。

 

検査科紹介
 ※詳しくはクリックしてください。
検体検査  
 一般検査 主に尿や便の検査をします。
 血液検査 血液中の細胞(赤血球、白血球、血小板)や止血に関わる成分について検査をします。
 生化学検査 血液中のブドウ糖やコレステロールなど様々な化学成分の量を調べます。
 免疫・輸血検査 血液中のタンパク質やホルモンなどを抗原・抗体反応によって測定したり、血液型や輸血に際して必要な検査を行います。
 細菌検査 さまざまな検査材料から感染症の原因となる菌(起炎菌)を見つけて、その菌に対してどの薬(抗菌薬)が効くのかを調べます。
 病理組織検査 病理検査室では、患者さんから採取した組織や、尿・喀痰などの排泄物、腹水・胸水などの体腔液から標本を作製し、目的に応じた染色を行った後、顕微鏡で観察し、疾患の診断、病態の把握などを行っています。
生理機能検査 心臓、腹部、肺、脳、神経、筋肉、血管、耳などの生理的反応、機能をグラフ化、画像化して診断する検査です。
心電図、脳波検査、神経伝導速度検査、超音波検査、肺機能検査、動脈効果検査(PWV/ABI/TBI)、サーモグラフィー(熱画像検査)、聴覚検査、睡眠無呼吸検査