臨床研修へ
トップページへ


 2017年度 基本的臨床能力評価試験
     全国 459病院中 34位(総合)

 平成16年4月から必修化された医師の新臨床研修制度の基本理念は、「医師としての人格をかん養し、将来専門とする分野にかかわらず、一般的な診療において、頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力を身につけると同時に医学及び医療の果たすべき社会的役割を十分に認識するように修錬すること」とされています。

平成29年度も当院では、NPO法人日本医療教育プログラム推進機構が実施する「2017年度 基本的臨床能力評価試験」を受験しました。ー 2018.1 実施
(当院受験者:1年目研修医8名、2年目研修医7名の合計15名、全国459医療教育機関 5,593人参加)


その結果は個人ごと、分野ごとなどで評価されますが、試験結果に基づく病院の評価は、学年ごとでは1年次が全国358病院中
66 位、2年次が391病院中 24 位にランクされました。