小児科 トップページへ
*知りたい内容をクリックしてください。
特色 / 診療内容 / 治療成績 /  今後の方針 / 学会学術活動 /
週間診療予定表 / 担当医師

特 色


子どもの発達や成長をご家族と共に見守り、援助とケアを実践します。
次世代に希望を与えることを目標に、スタッフ一丸となり治療させていただきます。地域の開業医の先生などと連絡を取り合うと同時に、重症児は京都府立医科大学附属病院や舞鶴医療センター、疾患によっては全国の専門施設と連携して治療にあたります。
新生児から中学生まで、疾患によっては成人期まで広い年齢層の疾患の診断・治療・管理をしています。また非常勤医師にも来ていただき、専門性の高い外来を行っています。


診 療 内 容
 



平日の午前中は、主に風邪や気管支炎などの急性疾患を、一般外来として診察しています。お子様の症状が専門的な病気によるものか分からない場合も、まずは一般外来を受診していただければ、専門外来へ引き継ぐことができます。午後は予約制の専門外来を行っています。食物アレルギー負荷試験や予防接種も行っています。受診希望がございましたら、電話などで予約をお願いします。
発達障害などのお子さんについては、リハビリ部門と連携しながら診療を行っています。しかし、昨今の情勢から受診希望が多く、受診申し込みしていただいてから診察まで時間がかかりますことをご了承ください。

 
平成28年度
 入院患者数:458人
 主な内訳
  人数
 肺炎や気管支炎など 116
 喘息など 41
 腸炎など 40
 痙攣など 31
 川崎病 16
 ネフローゼなどの腎疾患 7
 低身長など内分泌疾患 8
 新生児疾患 107


治 療 成 績


今 後 の 方 針
 
地域に密着した信頼される小児科を目指します。他科との連携により、高度な医療を提供したいと思います。
救急診療に関しては、医師数の問題から小児科医による24時間体制は困難です。内科や外科の先生方の力を借りて、なんとか運営している状況です。地域の皆様におきましては、早め早めにかかりつけ医におかかりいただきますようお願い申し上げます。


学 会 学 術 活 動
 
日本小児科学会、日本周産期・新生児医学会、日本小児内分泌学会、日本小児感染症学会、日本小児アレルギー学会、日本救急医学会、日本小児救急医学会 など


担 当 医 師
アダチ シンスケ
足立 晋介
(小児科医長)
  最終学歴
 京都府立医科大学大学院 平成14年修了
  学位
 医学博士
  専門分野
 小児内分泌・感染症
  専門医・認定医
 日本小児科学会専門医
 ICD、NCPRインストラクター
  診療についてモットー
 チームで最良の医療を提供します
ニッタ ヨシヒロ
新田 義宏
(小児科医師)
  最終学歴
 京都府立医科大学医学部 平成19年卒業
オクムラ ヨシキ
奥村 能城
(小児科医師)
  最終学歴
 京都府立医科大学医学部 平成21年卒業
  専門分野
 小児科・救急
  専門医・認定医
 日本小児科学会専門医
 日本統括DMAT隊員
  診療についてモットー
 「 志高く、腰低く 」
 病院を出るときに、入るときより少しでもHAPPYに
 なっていただけるよう努力します。
カガヤマ サナエ
加賀山 早苗
(小児科医師)
  最終学歴
 帝京大学医学部 平成23年卒業
  専門分野
 小児科
  診療についてモットー
 常に患者さんやそのご家族の気持ちを考えながら
 診療するよう心がけます。
キタムラ カズマサ
北村 一将
(小児科医師)
  最終学歴
 自治医科大学医学部 平成26年卒業
  専門分野
 小児科
  診療についてモットー
 子どもたちの輝かしい未来を応援します。

 招聘医師
   西村 陽 ニシムラ アキラ  こども頭痛外来
   繻エ 康通 クワハラ ヤスミチ  発達外来
   千代延 友裕 チヨノブ トモヒロ  神経
   河井 容子 カワイ ヨウコ  循環器


このページの先頭へ