リハビリテーション科紹介 トップページへ
*知りたい内容をクリックしてください。
特色診療内容訓練成績今後の方針学会学術活動

特色
 京都北部から兵庫北部の広域におけるリハビリテーションサービスの担い手として、大江分院と共に連携を図りながらその責務にあたっています。
 リハビリテーションの重要性が高まる今日、当院では平成18年の全面改築後、理学・作業・言語の各療法部門の増員と共に、回復期リハビリテーション病棟の新設、外来型心臓リハビリテーションの開設、癌リハビリテーションを始めとする緩和医療の充実等、幅広いリハビリテーションサービスの提供を心掛けています。 
 スタッフ: 平成27年6月現在
医師1名 理学療法士25名 作業療法士 11名  言語療法士2名

診療内容
 本院の届出施設基準
 脳血管疾患等リハビリテーション料(T)
 運動器リハビリテーション料   (T) 
 呼吸器リハビリテーション料   (T) 
 心大血管疾患リハビリテーション料(T)
 がん患者リハビリテーション料(T)
 回復期リハビリテーション病棟入院料2

訓練実績
 《平成26年度 業務実施件数》
脳血管疾患 運動器疾患 呼吸器疾患 心大血管疾患 がん
入院 12,673 9,224 2,888 1,956 3,804
外来 4,695 6,740 0 1,639 0
回復期 11,771 10,548 0  0 0

今後の方針
今後ますますこの地域でも介護・福祉の充実とともに、リハビリテーションの必要性は高まるものと考えています。地域の皆様のニーズに対応していけるよう、それぞれの職域で専門性を追求し、個々の患者様に適したきめ細やかなリハビリテーションサービスが提供できるよう、スタッフ一同努力してまいります。

学会学術活動
日本理学療法士協会・京都府理学療法士協会・日本作業療法士協会・京都府作業療法士協会・日本言語聴覚士協会・京都府言語聴覚士協会・心臓リハビリテーション学会・日本循環器学会・日本ケアリハビリテーション学会・日本呼吸療法医学会・日本高次脳機能障害学会・日本リハビリテーション医学会・日本摂食嚥下リハビリテーション学会・精神発達障害指導教育協会

コマキ トシユキ
小牧 稔之
(診療部長兼医長)
最終学歴 鳥取大学医学部 平成2年卒業
専門分野 消化器一般
専門医・認定医 日本消化器病学会専門医・日本消化器内視鏡学会専門医・日本内科学会認定医
診療についてモットー 優しく 厳しく

理学療法部門 作業療法部門 心リハ部門
 

このページの先頭へ