整形外科紹介 トップページへ
*知りたい内容をクリックしてください。
特色診療内容治療成績今後の方針学会学術活動週間診療予定表担当医師


 特色
 高齢者の転倒、交通事故、労働災害、スポーツなどに伴う四肢、脊椎の救急疾患の治療に力を入れています。また変形性関節症、脊椎症、関節リウマチ、骨軟部腫瘍など整形外科疾患一般に対して積極的に治療を行っています。基礎疾患や合併症のある場合でも、各科と協力して、早期の退院、社会復帰を目指します。

診療内容
 四肢や脊椎の外傷に関しては、必要があれば出来る限り早期に手術やリハビリテーションを行います。慢性疾患、半月板損傷、腱板損傷などに対しては、積極的に関節鏡視下手術を行っています。慢性疾患に対しても十分な保存療法を行い、効果の不十分な場合は手術を考慮します。
 年間総手術数は約750件。内訳は骨接合術約300件、人工関節、人工骨頭置換術約110件、脊椎・脊髄手術約40件、関節鏡手術約100件です。

治療成績

今後の方針
 診療所や他の病院、施設ともさらに連携をはかって、スムーズな医療を目指します。
 高齢化に伴い骨粗鬆症の治療やロコモティブ症候群の予防にも力を入れていきたいと思っています。

学会学術活動
日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本リハビリテーション医学会、日本骨折治療学会、日本脊椎脊髄病学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会、日本臨床スポーツ医学会、日本足の外科学会、日本整形外科スポーツ医学会、日本肩関節学会、日本肘関節学会、日本体力医学会、日本骨粗鬆症学会など

担当医師
ナカムラ シンイチロウ
中村 紳一郎
(副院長・整形外科医長)
最終学歴 京都府立医科大学 昭和57年修了
学位 医学博士
専門分野 骨・軟部腫瘍、関節リウマチ
専門医・認定医 日本整形外科学会専門医・スポーツ医・脊椎脊髄病医
日本リウマチ学会認定医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本リハビリテーション医学会専門医
診療についてモットー 丁寧な診療をするよう努力したいと思います。
カナムラ ヒトシ
金村 斉
(整形外科医師)
最終学歴 京都府立医科大学 平成13年卒業
専門分野 スポーツ外傷、膝関節
専門医・認定医 日本整形外科学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本医師会認定健康スポーツ医
ササキ ケンタロウ
佐々木 健太朗
(整形外科医師) 
最終学歴 京都府立医科大学 平成15年卒業
専門分野 整形外科一般、肩
専門医・認定医 日本整形外科学会専門医
診療についてモットー 迅速かつ的確な診療を心がけています。
タカツジ  ケンタ
辻 謙太
(整形外科医師)
最終学歴 和歌山県立医科大学 平成24年卒業
 

このページの先頭へ