小児外科 トップページへ
*知りたい内容をクリックしてください。
特色 / 診療内容 /  今後の方針 / 学会学術活動 / 週間診療予定表 /
担当医師

特 色


小児外科は、うまれたての赤ちゃんから思春期までの小児において、手術を要する病気を主に扱っています。小児は大人のミニチュアではないとよくいわれ、実際に扱う病気は大人の外科と異なります。また、手術したあとのお子さんの成長をずっとお世話することも重要な役割の一つです。


診 療 内 容
 



小児外科医は1名ですが、外科医・小児外科医・産婦人科医などと連携をとりながら治療を進めていきます。
最も多い疾患は、そけいヘルニア(脱腸)になります。それ以外の小児外科疾患は比較的まれな疾患となります。



今 後 の 方 針
 
小児の外科疾患に対し専門的な視点をもって治療にあたります。


学 会 学 術 活 動
 
日本小児外科学会、日本外科学会、小児がん学会


担 当 医 師
フカタ リョウイチ
深田 良一
(小児外科医長)
  最終学歴
 京都府立医科大学 平成2年卒業
  学位
 医学博士
  専門分野
 小児外科・一般外科
  専門医・認定医
 日本小児外科学会専門医
 日本外科学会専門医
 日本統括DMAT隊員
  診療についてモットー
 患者さまに信頼される医療


このページの先頭へ