総合内科
トップページへ

総合診療専門医について


総合的な診療能力を有する医師(以下「総合診療医」という。)の必要性については、@特定の臓器や疾患に限定することなく幅広い視野で患者を診る医師が必要であること、A複数の疾患等の問題を抱える患者にとっては、複数の従来の領域別専門医による診療よりも総合的な診療能力を有する医師による診療の方が適切な場合もあること、B地域では、慢性疾患や心理社会的な問題に継続的なケアを必要としている患者が多いこと、C高齢化に伴い、特定の臓器や疾患を超えた多様な問題を抱える患者が今後も増えること、などの視点が挙げられる。
総合診療医には、日常的に頻度が高く、幅広い領域の疾病と傷害等について、わが国の医療提供体制の中で、適切な初期対応と必要に応じた継続医療を全人的に提供することが求められる。

  厚生労働省 「専門医の在り方に関する検討会 報告書」より抜粋