消化器内科 トップページへ
*知りたい内容をクリックしてください。
特色 / 診療内容 / 治療成績 /  今後の方針 / 学会学術活動 /
週間診療予定表 / 担当医師
消化管上皮性腫瘍に対する内視鏡診断・治療の有効性と安全性に関する後向き検討調査への
ご協力のお願い

特 色


内科疾患のうち、消化管(食道、胃、小腸、大腸)胆膵(胆嚢、胆管、膵臓)疾患および肝疾患の診療を主に担当しています。平成5年の市民病院開院以来、「地元で、今日の標準治療が、いつでも安心して受けられる」を目指し、年々診療内容を充実させてきました。今日では、消化管肝胆膵領域のほとんどの検査と治療が可能となっています。

当院は日本肝臓学会認定施設・日本消化器病学会専門医制度認定施設・日本消化器内視鏡学会専門医制度認定指導施設の認定を受けています。


診 療 内 容
 



上記のように今日ではほとんどの疾患に対して福知山市で精査治療を行えるようになってきており、各種ガイドラインに則り、消化器内科内で日々検討し進めております。
がんなどの悪性疾患につきましても内視鏡やエコー・血管造影による治療のみならず、抗がん剤を用いた治療を看護師・薬剤師・理学療法士など院内各専門職からなるチームと連携して行い、単にがんの治療のみではなく色んな面でサポートできる環境にあります。
検査治療は緊急を除き予約制で、精力的に、かつ、安全第一をモットーに行っております。

当院で行える検査、治療は以下のものになります。


 上部消化管内視鏡検査(胃カメラ(経口、経鼻))  大腸内視鏡検査(大腸ファイバー)
 小腸カプセル内視鏡検査  小腸内視鏡検査(ダブルバルーン内視鏡)
 超音波内視鏡検査・超音波内視鏡下穿刺吸引術  内視鏡的ポリペクトミー
 早期癌の内視鏡治療(粘膜下層剥離術(ESD))   粘膜切除術 (EMR)
 内視鏡的異物除去術  出血性胃潰瘍などの内視鏡止血術
 食道静脈瘤硬化療法及び結紮術  内視鏡的総胆管結石除去術
 消化管狭窄・胆管狭窄などに対する拡張術及びステント留置術
 経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)  ヘリコバクター・ピロリの除菌治療
 泌尿器科と連携して潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法など
 腹部超音波検査(エコー)  肝障害精査のための肝生検
 ウイルス性肝炎に対する抗ウイルス療法  細胞癌に対する肝動脈塞栓術(TACE)
 ラジオ波焼灼術(RFA)  エタノール注入療法(PEIT)
 肝動注化学療法,など  

 
平成29年度内視鏡件数は年間総数約10,600件と、新病院開院後、検査数のみならず治療件数も着実に増加しております。内視鏡治療成績でも粘膜下層剥離術も年間96例、穿孔・出血などの合併症は全国平均レベルで、重篤なものは認めません。その他小腸カプセル内視鏡を加え年々例数を増やし良好な成績をおさめております。
また肝疾患についても難治性C型肝炎に対し、ペグインターフェロン+リバビリンの2剤併用療法やシメプレビル+ペグインターフェロン+リバビリンの3剤併用療法に加え、DAAsを用いた経口2剤をウィルスのタイプにより積極的に導入しております。肝腫瘍に対しては年間約90件の肝動脈塞栓術を行っており、ラジオ波焼灼術や経皮エタノール注入療法なども年間約20例行っております。切除不能肝細胞がんに対する分子標的治療薬による化学療法も導入しています。


治 療 成 績


今 後 の 方 針
 
治療内容の変化・検査治療の進歩に合わせて内容の充実をはかり、より楽に・より安全に・よりスムーズに検査及び治療に取り組めるよう努めてまいります。


学 会 学 術 活 動
 
日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本消化器内視鏡学会、臨床腫瘍学会、日本胃癌学会、日本人間ドック学会、日本癌学会、日本大腸肛門病学会、日本食道学会


担 当 医 師
カガワ ケイゾウ
香川 惠造
(管理者・院長)
  最終学歴
 京都府立医科大学大学院 昭和55年修了
  学位
 医学博士
  専門分野
 消化器病学・肝臓病学
  専門医・認定医
 日本消化器病学会専門医・指導医
 日本肝臓学会専門医・指導医
 日本内科学会認定医
 日本人間ドック学会 人間ドック認定指定医
 京都府立医科大学客員講師・臨床教授
  診療についてモットー
 誠心誠意
オクダ タカシ
奥田 隆史
(消化器内科医長
兼臨床検査科長)
  最終学歴
 京都府立医科大学 平成12年卒業
  専門分野
 消化器一般(内視鏡)
  専門医・認定医
 日本消化器病学会 消化器病専門医・指導医
 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・指導医
 日本内科学会 総合内科専門医
 日本消化管学会 胃腸科専門医
 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  診療についてモットー
 わかりやすく丁寧な診療を心掛けます。
ツジ トシフミ
辻 俊史
(消化器内科医師)
  最終学歴
 京都府立医科大学 大学院 平成25年修了
  学位
 医学博士
  専門分野
 消化器一般(内視鏡)
  専門医・認定医
 日本消化器病学会専門医
 日本内科学会認定医
 日本消化器内視鏡学会専門医
  診療についてモットー
 丁寧で分かりやすい診療を目指します。
イナダ ユタカ
稲田 裕
(消化器内科医師)
  最終学歴
 山口大学医学部 平成18年卒業
 京都府立医科大学 大学院 平成26年修了
  学位
 医学博士
  専門分野
 消化器一般(内視鏡)、大腸腫瘍の内視鏡診断・治療
  専門医・認定医
 日本消化器病学会専門医
 日本消化器内視鏡学会専門医
 日本内科総合内科専門医 
  診療についてモットー
 思いやりをもってベストを尽くす
ハラ タスク
原 祐
(消化器内科医師)
  最終学歴
 金沢大学医学部 平成19年卒業
  専門分野
 消化器一般(肝臓疾患)
  専門医・認定医
 日本内科総合内科専門医
 日本消化器病学会専門医
 日本肝臓学会専門医
 日本消化器内視鏡学会専門医
 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  診療についてモットー
 丁寧に、的確に
イワイ ナオト
岩井 直人
(消化器内科医師)
  最終学歴
 京都府立医科大学医学部 平成22年卒業
         大学院 平成30年修了
  学位
 医学博士
  専門分野
 消化器内視鏡学、消化器癌の発癌メカニズム
  専門医・認定医
 日本消化器病学会専門医
 日本内科学会認定医
 日本消化器内視鏡学会専門医
  診療についてモットー
 迅速かつ丁寧な診療を心掛けます

 招聘医師
   片岡 星太 カタオカ セイタ  消化器内科


このページの先頭へ