一般名処方の導入について
薬剤部のページへ

後発医薬品の使用促進のため、医薬品については「一般名」での記載が推奨されています。当院院外処方箋におきましても、後発品が存在する医薬品については
平成30年
7月11日 より一般名処方による交付を開始させていただくことになりました。
一般名処方となることで、患者様には、『先発医薬品』と『後発医薬品』のどちらでお薬を調剤するのか保険薬局にて選んでいただくことが出来るようになります。

  〈当院への情報提供〉
一般名処方により調剤した薬剤の情報提供は
「お薬手帳による確認」とさせていただきます。
なお、先発医薬品から後発医薬品への変更および
銘柄変更の場合も同様とさせていただきます。
ご不明な点は、当院薬剤部までお問い合わせください。